記事一覧

チャンスをぜひつかんでください!!

本日もご利用いただきありがとうございます!!

本日これからのお時間も
人気の美女からセクシー新人も
ご案内できちゃいますよ♪

160613_042_sp_copy_webのコピー 
本日出勤中♪
20時までご案内可能!
160613_046_sp_copy_webのコピー 



最高峰ギャル
151208_212_sp_copy_web.jpg 
18:00~ご案内可能!



エロエロテクニシャン♪

151208_204_sp_copy_web.jpg 

近衛ゆら19歳

18:00~ご案内可能!!



新人セラピスト♪

1461492791-1.jpg 

白石ひかる23歳

明日 18:00~ラスト


好きな女性をドキドキさせるテクニック①会ったときになにか褒める


好きな女性をドキドキさせるテクニック①会ったときになにか褒める

好きな女性と待ち合わせをして最初に会ったときに、まず女性のどこかをさり気なく褒めてみるのが、女性をドキドキさせるポイントです。「今日の洋服いいね。似あってるよ」「今日も可愛いね」など、ひと言褒めてあげると、女性はドキッとするものです。あなたに会うためにオシャレをしてきた女性は嬉しくて、褒めてくれたあなたをどんどん好きになってしまうでしょう。


好きな女性をドキドキさせるテクニック②突然手を繋いでみる


好きな女性をドキドキさせるテクニック②突然手を繋いでみる

人混みを避けるときや、車が来そうな危険なときなど、手を繋いでグッと引き寄せてあげましょう。「大丈夫だった?」とひと言添えるのを忘れずに。突然手を引っ張られたことや、あなたの優しい気遣いに彼女は思わず胸キュンしてしまうことでしょう。女性は守ってくれるような男性に頼りがいを感じ、ずっとそばにいたいとウットリ思ったりするのです。


好きな女性をドキドキさせるテクニック③耳元でささやいてみる


女性と一緒にいるときなど、普通に会話しているだけでは、ドキドキさせられなくてもったいないですね。そんなときもドキドキさせるテクニックを使いましょう。電車に乗っているときや、周りにたくさん人がいるときなどに、彼女の耳元に近づいて「喉乾いてない?」「寒くない?」など囁いてみると、一瞬近づいたあなたが耳元で囁く声に思わずドキッとしてしまうでしょう。


好きな女性をドキドキさせるテクニック④写真を取るときは密着する


写真を撮るときは、自撮りをすることも多いですね。2人で写真を撮るには、密着しないとフレームに入らないかもしれません。もう一押しで付き合えそうな女性と写真を撮るときには、彼女の頬と自分の頬が触れるように、近づいてみたり、彼女の腰をグッと自分の方へ引き寄せて密着させましょう。写真を撮るまでですが、女性の頭の中はドキドキでいっぱいになってること間違いなしです。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑤話を聞こうと身を乗り出してみる


椅子に向かい合って会話をしているときなど、女性の声が聞き取れなかったりするときや女性の話にツッコミを入れるときなどに「その話ほんと?」など女性がのけぞるほど、身を近ずけて乗り出してみましょう。想定外のあなたの行動と、突然の接近に驚きとドキドキを隠せなくなるかもしれません。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑥会話をしているときに唇に触れる


何気ない会話を女性としているときなど、会話中に何気なく自分の唇に触れながら「へー。そうなんど」などと、女性の会話を聞いてみましょう。女性は会話の内容よりも、あなたが触れる唇のほうが気になりだし、キスなどちょっとエッチな想像をしてしまってドキドキしだしてしまうかもしれません。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑦目的地や道がわからないときは人に尋ねる


男性は女性の前でカッコつけようとして、道に迷ったときに誰かに聞いたり、人に尋ねたりすることをしない男性もいます。そんなとき女性は、カッコつけようと自力で探す男性より、わからないときは素早く誰かに尋ねる行動力のある男性に「スマートでカッコいいな」と思うのです。そんな男性の身の振る舞いは女性が胸キュンする瞬間なのです。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑧店員さんにやさしく接する


カッコよく見せたいのが男心なのかもしれませんが、レストランなどで店員さんに横暴な態度をする男性や、店員さんのちょっとした失敗を攻め立てる男性をよく見かけますね。しかし女性は、たとえお客の立場であっても、店員に「大丈夫ですよ」など優しく接する男性の姿を見て、「器の大きい人だな」と感じ、あなたに対する安心感と好感度が急上昇します。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑨女性が困ったときに笑顔でフォローする


デート中など、女性が洋服を汚してしまったり、飲み物をこぼしてしまったりしたときに「ナニやってんだよ」なんて言われたら、女性は恥ずかしい思いをしながら、さらに傷ついてしまいますね。そんなときは、笑顔でさり気なく「あはは大丈夫?おしぼり貰ってくるね」など笑い飛ばしながらフォローしてくれる男性に「優しい人だな」と胸がキューンとなるのです。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑩飲み物の蓋を開けて手渡す


喉が渇いたりしたときに、飲み物を買ってきたりしてあげることもありますよね。そんなときは、ただ飲み物を手渡すのではなく、缶の蓋を開けたりペットボトルの蓋を開けてあげてから女性に手渡してあげてみましょう。ほんの些細な一手間ですが、女性は特別な感じがしてうれしく思うものなのです。「あっ。気が利く人だな」とあなたへの好感度があがる瞬間です。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑪一緒に行きたいとアピールする


イベントやレジャー施設、人気のレストランなど、お出掛けするスポットなどの話題が出たときに「それ行きたかったんだよね、君と」など、同じ所を行きたいと思ってくれただけではなく、最後に自分とと言われたことによって女性は思わず「え?」とうれしく思いながらドキッとしているでしょう。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑫一口ちょうだいと言う


あと一押しで付き合えそうな女性と、デートでレストランなどにいるとき、彼女と別々の物を飲んでいたり、違う食べ物を食べていたりするときに「それおいしい?一口ちょうだい」といってみましょう。同じものを食べたり飲んだりする恥かしさと、間接キッスのような緊張感で、彼女がドキッとしてしまう瞬間に間違いありません。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑬荷物を持ってあげる


いつも持っているバックなどではなく、女性がなにか重いものを持っていたり、傘など邪魔になるものを持っているときなどに、さっと荷物を持ってあげると、思わずドキッと女性はしてしまうでしょう。「荷物持ってあげようか?」と女性に声をかけないで、なにも言わずスマートに持ってあげるのがポイントです。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑭男の色気を使う


女性が男性に色気を感じる行為として「袖をまくる」「ネクタイを緩める」「ヒゲを触る」などが王道ですが、やはり女性はそんな男性の仕草に永遠に弱いのです。大げさにアピールしすぎるのは勘違い男と思われてしまいますが、さり気なくできるように頭の中にインプットしておきましょう。必ず女性がドキッとする永遠の男性の魅力です。


好きな女性をドキドキさせるテクニック⑮真剣に目を見つめて話を聞く


女性の目を見て会話をするのは基本ですが、真剣に見つめられながら会話をしていると胸のドキドキが聞こえてしまうのではないかと思うほど、見つめられることに弱い女性が多いです。「なんの会話をしてたっけ?」と会話の内容も忘れ、汗ばむほど女性の内心をドキドキさせてしまうテクニックなのです。思わず赤面してしまう女性も多いのではないでしょうか。

女性をドキドキさせるテクニックはいかがでしたか?些細なテクニックでも、男性にやられたら女性はドキドキです。あまりオーバにし過ぎると、下心が見え透いていやらしくなり嫌われてしまうので「さり気なく」を忘れずに。しっかりインプットしてどんどん好きな女性にアピールしていきましょう。

日頃の感謝をこめて店頭でラインのアカウント名をおっしゃっていただくと 
2000円オフのチケットを差し上げます。
 4IQwqJ+AAAAAElFTkSuQmCC.png 
ライン未登録の方はコチラから。 
いつもご利用いただいているお客様に 
もっともっと感謝の気持ちを伝えて行きたい。 
それが、今のエゴのスタイルです。
 お客様にあったキャンペーンや、シークレットセラピストの ご紹介など、
もっともっと一人ひとりのお客様を大切にしていきたいと 思っています。
 まだまだ、どこまでできるのかは分かりませんが 
精一杯取り組んで参りますので 今後ともご愛顧よろしくお願い致します。
新人ラッシュお見逃しなく♡


 インスタグラムも毎日更新中 
お得に金山エゴをご利用なら 
4c6dee06.jpg 
facebook ご新規様「いいね」で2000円OFF 

LINEのタイムラインに リアルタイム情報発信中!!
 IDはkanayama_ego 
携帯からLINEは・・・ 
http://line.naver.jp/ti/p/PCydR-zgzL#~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

恋人感覚エステ 金山エゴ

Author:恋人感覚エステ 金山エゴ
金山駅から徒歩1分☆
恋人感覚エステ金山エゴです!
都会のオアシスがここに!!
是非足をお運びください♪

最新コメント

カテゴリ

スタッフブログカウンター