記事一覧

癒しはこんなところにもあるんです!!

 2016-07-18-13-27-07-123.jpg  

疲れによって選ぶ旅先が違う

旅は日常生活のうさを晴らし、心身ともにリフレッシュするには最適。昔は温泉宿で飲めや歌えやの宴会旅行が主流でしたが、今は自然に親しみ、土地の美味に出会う癒しの個人旅行が主力。

家族と、恋人と、友人同士でと、シチュエーションはさまざまですが、まずはどこに何をしに行くかが問題ですよね。旅行雑誌やパンフを並べても、なかなか決まらないのが現実では?そんな旅先に悩むあなた、まずは自分の疲れ具合をチェックしてみてください。それによって旅先は2つに分かれるのです。

海
 
【1】まずは精神的に疲れているあなた
つまりストレスを抱え込んで、ストレスや眼精疲労から来る肩こりや体調不良を感じている人。睡眠不足でも忙しさを優先するだけの体力はあるあなた。あなたは、まずはイライラや精神の高ぶりを鎮め、心の平静を取り戻す旅へでかけましょう。
20160716-1468660980 (1) 

海
 
【2】肉体的に限界にきているあなた
朝起きられない、夜眠れない、何をするにもやる気が出ない、階段を上るのがツライ。スポーツジムに行こうにも体力が続かない。そう、あなたの肉体は限界。そんなあなたは、元気をもらえる旅がおすすめ。体の中から浄化して、めいっぱい元気になる旅先があるんです。

精神的な疲れを癒す

子供の頃は海といえば、夏遊びの中心、ザブンと飛び込んで、はしゃぎまわる場所、大人になれば、アバンチュールの舞台、という感じですが、海にはさまざまな効能があるのです。


 
海は適度な湿度、塩分による保湿効果、波音などにより、海辺を散歩するだけでも、頭と体をほぐし、リラクゼーション効果を得られるといいます。広々とした大海原の開放感にひたることで、日頃のストレスを緩和できますし、海の青さには精神安定などの色のセラピー効果もあります。160609_096_sp_copy_web.jpg 
また、海には昔から「海の向こうには楽園がある」という伝承があります。古事記に登場する常世の国、浦島太郎の竜宮城、また沖縄のニライカナイなど。楽園や極楽を海のかなたに求めてきた私たちの祖先。海に癒されたいという思いがそこにあったのかもしれませんね。海辺に佇むだけで、なぜか心がほっとする、そんな気持ちは古代の人にもあったのでしょう。

そんな海は、浜辺や海近くにいるだけで、高ぶった精神を平常に戻す、精神的な疲れをやわらげてくれる旅先なのです。海外旅行にビーチリゾートが人気なのも、実はそんな理由なのかもしれませんね。 

海辺では、とにかく何も考えずにのんびりがいちばん。あまり移動せずに一カ所にとどまり、リゾートホテルや夏は民宿などで、地魚をいっぱいいただきながら、溜まっていたストレスを解消しましょう。水族館で魚を眺める、というのもイライラ解消に効果てきめんです。

◆夏の海の注意点
夏は紫外線が強く、気温も上昇。海といえども乾燥や、暑さから来るストレスに注意。海に入るのは1~2時間程度とし、パラソルなどの日陰で過ごすのが、癒しの旅にはおすすめです。

体力減退のあなたには元気をもらえる

海
 
疲れて体が思うようにいかない、体力が続かない、虚弱気味の人には山や森がおすすめ。そう聞くと、疲れているのに山登りは辛すぎる!なんて思う人もいるでしょうが、森の木々には疲れを取り、元気になる物質がいっぱいなのです。高い山に登るのではなく、ゆるやかな散策路での森林浴が、あなたを生まれ変わらせてくれるはずです。

森にはフィトンチット(森の精気)という殺菌浄化作用があり、人の細胞を活性化させるといいます。また、森の緑色が交感神経を刺激するため、視覚、聴覚、味覚、そして頭の働きが活発になってきます。この2つの作用や、木々を揺らす風の音などが、いわゆる森林浴効果というもの。最近では、森林セラピーの研究も進んでおり、森にはまだまだ解明されていない不思議な力があるのです。

また山はもともと修験道の修行の地。出羽三山や熊野、白山、大山などの霊場霊山だけでなく、今はリゾート地となった日光も、軽井沢に近い浅間山も、もともとは修行者が登る山でした。山は肉体的精神的に辛い経験をしながらも、自らを高め、より飛躍するための場だったのです。山へ登ることで自信や体力を回復することにもつながると思います。

森や高原では、体力にあった高低差が少ない散策路をゆっくりと自分のペースで歩くのがおすすめ。鳥の声を聞き、野の花を見つけたり、おいしい高原野菜を食べると、体の奥から浄化され、なぜかやる気が湧いてきます。適度に歩くことで、体力もつきますし、元気をもらえて、翌日からの仕事にもやる気が出て、気持ちも前向きになれるはずです。

◆夏の山の注意点
標高が高い山は紫外線が強い。冷涼だからといって肌の露出は危険。森の木陰を歩くことで紫外線を防ぎましょう。虫除け薬なども常備しましょう。

金山エゴには本当に様々な女の子がいるのであきません。 
貴方好みの女の子が見つかること間違いなしです。 
まだ、推しメンが見つかっていない貴方。 
色々な女の子と遊んでみてください。
金山エゴで待ってます。
 ご予約お問い合わせはこちらまで。 
0523246969 

【セラピストブログ一覧】

 th.jpg インスタグラムも毎日更新中 お得に金山エゴをご利用なら 4c6dee06.jpg 
facebook ご新規様「いいね」で2000円OFF 

LINEのタイムラインに リアルタイム情報発信中!! 
IDはkanayama_ego 
携帯からLINEは・・・ 
http://line.naver.jp/ti/p/PCydR-zgzL#~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

恋人感覚エステ 金山エゴ

Author:恋人感覚エステ 金山エゴ
金山駅から徒歩1分☆
恋人感覚エステ金山エゴです!
都会のオアシスがここに!!
是非足をお運びください♪

最新コメント

カテゴリ

スタッフブログカウンター